女性こそ米国株投資を

スポンサードリンク


こんにちは。米国株女子みやかなです。

私の女性の友人は、大抵「投資」というとあまりいい顔をしません。その代わり、「保険」と言うと、目を輝かせながら話に乗ってきます。

どうしても女性の中での「投資」は「ギャンブル」のように見えてしまうようです。日本株への投資はまあ賛成でも、米国株なんてとんでもないと言うのがおそらく彼女たちの意見なのではないでしょうか。

でも私にとっては、はっきり言って「保険」の方がギャンブルに見えます。保険は事業ですから、必ず「儲け」がなければ保険会社は潰れてしまいます。

自分がガンになる可能性、交通事故になる可能性、長期入院する可能性、最悪の事態を想定したら保険は優良に思えますよね。

例えば旦那さんが病気になったとして、どれくらいの入院を想定しているのでしょうか。半年?1年? 公益財団法人の生命保険文化センターによれば、実は入院患者の平均入院日数は全世代で31.9日、35歳から64歳の男性においては、24.4日です。これはアルツハイマーや統合失調症など長期に渡って入院が必要な病気も含めた数値です。

 

 

保険は本当に必要か

結果からすると、平均の入院日数は1ヶ月以内なのです。また会社員であれば多くの人が高額医療に対して払い戻しを受けることができます。例え100万円医療費にかかったとしても実際に負担する金額は1ヶ月9万円弱なのです。

ガンになったら入院して、高額医療を受ける可能性もあるので、大黒柱の旦那様にはフルフル保険をかけておきたい。この気持ちは痛いほどわかります。しかし多くの入院は1ヶ月以内なのです。胃がんになった場合でも入院は6日から10日が平均なんです。

可能性が低い「もしも」の為に、大切なお金を保険にかけることが果たして正しいのでしょうか。

友人によれば、「でも元気なら一時金が返ってくるし損している訳ではない」と言います。

でもそのお金を定期的に積み立てて「投資」に当てていたならば、さらに多くのリターンを得ることができるんです。

貯金に毛の生えたようなリターンに保険が付いていることを良しとしていますが、その裏で保険会社は投資で保険金を運用し、たっぷり自分たちの利益を得ているということを忘れてはいけません。儲からなければ保険会社なんて成り立ちませんから。

そして保険会社は今後潰れないのでしょうか。30年間払い続ける価値のあるものなのでしょうか。30年後にはAIや医療が発達し、それこそガンや病気になりにくい世の中になるかもしれません。医療の飛躍的な発展は保険の価値を脅かしていきます。

では貯金をしてお金を貯めれば良いじゃないかと思われる方もいるかもしれません。
でも結論から言えば、貯金をしていれば安心ではないのです。これから日本はおそらくインフレに向かうでしょう。インフレになると物の価値が上がり、お金の価値が下がります。今まで100円で買えていたりんごが、120円出さないと買えなくなります。つまり現金を現金のまま持っていると、知らず知らずのうちに、そのお金の価値が下がり真面目に貯金してきた人々が損をするという時代がくるのです。

スポンサードリンク


女性と投資

女性には様々なリスクがあります。

私の母は専業主婦でした。もちろん働き手は父なので、父からもらうお金で暮らしていかなければなりません。

おそらくケンカをしたり、離婚したいと思ったこともあったと思います。ただうちの母にはその選択肢はありませんでした。なぜなら彼女一人ではお金を稼ぐことができず、生活することができなかったからです。

母がボソッと話してくれたことがあります。「自分で稼いだ1万円と父が稼いできた1万円は重みが違う。自分で稼いだ1万円には特別な思いがある」と。

今は母は70代になりました。母が20代から40代の頃は、女性が家庭に入ることは当たり前だった時代です。働き続けることは容易なことではなかったはずです。

現代も女性は出産をすれば一時的に職場を離れなければならず、出世からは遠くなると言われています。いくら「女性が働きやすい職場」がうたわれていても、実際に日本の会社はまだまだ男性社会です。

20代・30代でしっかり働き、早い段階で「投資」をする。そうなるとお金がお金を生み出してくれます。あなたが働かなくてもお金が働いてくれるのです。

私が推奨する米国株は一気にお金持ちになれるというものでは決してありません。毎年コツコツお金を貯めて定期的に安定したアメリカの株を買っていく。たったこれだけなんです。

アメリカの優良な企業は30年にわたり着実に株価をあげていますし、100年以上配当金を出し続けている会社まであります。

一方の日本はバブル崩壊後、全体としても株価は上がらず配当金を出し続けている会社は、ほぼ皆無と言っても良いでしょう。

でも今日経平均株価は2万2千円を超え大きく躍進しています。ただ日本はアメリカの景気の影響を受けますし、世界から見たらまだまだボラティリティー(株価の変動)が高いと見られていますので、今後大きく下げることもあるかもしれません。

そして何といってもAIをはじめとするテクノロジーはアメリカが発祥の地です。これからも世界の経済はアメリカを中心として回っていくというのは間違いないと思っています。

選択肢を増やすという意味でも、女性が投資特に米国株を買うということを私はオススメします。

スポンサードリンク


投資

Posted by みやかな