謎のベンダーNutanix(ニュータニックス)

性別の疑いがかけられているみやかなです。ネカマではございません。正真正銘の女性でございます。何でしょう、話している内容に女性らしさが感じられないのでしょうかね。ちなみに昔上司に「君の中には小さいおっさんがいて、そのおっさんが本体を操縦しているに違いない」と言われた事があります。

今はエンジニアを引退しまして、新サービスを企画する部署に異動しました。
なのでごくごくたまーに

しょーあいぴーいんと ぶりーふ!!!
と叫びたくなります。知っている人だけですみません。バルスみたいなものです。

私は長年ネットワークエンジニアをやっておりましたので、サーバやストレージといった分野には全く疎いです。サーバは皆さんご存知だと思いますが、ストレージとは簡単に言うとサーバに繋がる外付けの容量の大きいディスクです。

私は時々地方にも出張したりするのですが、その時地方の課長さんに「話がある」と呼び出された事があります。人妻なんですよ…と打ち合わせをしてみると、課長がおっしゃる事には「地方に大きな変化が出てきている!」と。

話を聞けば、今まで売れていたサーバ・ネットワーク・ストレージ製品が売れなくなり、代わりに「ハイパーコンバージド」と呼ばれる謎の箱が売れ出したというのです。日本語で言うと「超統合型システム」なのですが、なんでもサーバとストレージとストレージというバラバラの製品を一つの箱にして機能を集約したものだと。

千葉ロッテの謎の魚
スポンサーリンク


「え?便利じゃないですか。製品バラバラよりも」とネットワーク的目線のど素人が答えると、違うんだと。設定が簡単すぎてお客さんが勝手に導入してしまうと。メンテもメーカ直販だからウチの会社の出る幕なくなってるんだよ!!!と訴えておりました。

なるほど。それぞれの製品が分かれてないから接続点も少なく障害も少ない。構築も簡単。その上各製品固有の設定を覚える必要がなく、基本GUI。内部をソフトウェアで制御しているというカラクリでした。

なぜ地方から売れ出したのか。これはエンジニア不足が起因しています。地方ではサーバエンジニア・ネットワークエンジニア・ストレージエンニアといった製品や機能ごとの専任エンジニアを配置する事ができません。そういった人材を確保できるのは東京にあるデータセンターやじゃぶじゃぶお金を持っているエンタープライズのIT子会社くらいです。地方は様々なIT機器を一人のエンジニアが抱え仕事をしていかなければならないというお国事情があります。

Nutanixはサーバやストレージの仕組みがわからずとも、ある程度簡単に導入ができます。そうなると人手不足の地方の企業にとっては大助かりなのです。

聞けばあの東証一部のインフラ基盤に採用されたとか。これはすごい。株価を扱う証券のインフラは1秒足りとも遅延が許されません。多くのトレーダーに損害を与えてしまうからです。

小さくても使えるし、連結して大きなインフラを構築することもできる。設定もメンテナンスも楽チン。まさにAmazonのように「顧客ニーズに即した製品」というわけです。

その課長への答えはサッパリ出せなかったものの、米国株女子部としては気になる企業です。早速銘柄を調べてみるとIPOしたばかりのユニコーン企業でした。

ユニコーンとは
企業
としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。 ユニコーン(Unicorn)は、額に一本の角が生えた伝説の生き物であり、ユニコーン企業は、ベンチャーキャピタルを始めとする投資家から、ユニコーンのようにまれで、巨額の利益をもたらす可能性のある企業として注目されている。

株価を見てみると2016年9月末に上場していますから、一旦高値をつけて落ち着きはじめています。

2017年の売り上げは7.6億ドルで去年の4.4億ドルに比べ 72% の伸び率を示しています。 毎年順調に売り上げを伸ばしていますね。しかし楽観視はできません。このまま急成長を突き進むかというと、しばらく続くとは思いますが、おそらくどこかで手詰まり感が出てくると思っています。

ハイパーコンバージド技術はソフトウェアのプログラミングによって構成されているので、比較的真似されやすいものです。ただハードウェアに依存しない分、売り方がフレキシブルというメリットもあります。すでにNutanixはソフトウェアの仕組みをNutanixOSとしてDell EMCに卸しており、ライセンス事業を展開しています。
中小企業やデータセンターにはニーズのある製品ですが、どうもその先の展望が予測がつきません。今後彼らが成長するにはクラウド事業への展開がキーになっていくでしょう。今現在はっきり言えることは、日本の市場の変化から見ても既存のハードウェアベンダーであるEMCやNetappから見れば強敵であることは明らかですね。

取り扱いはマネックス証券。10月から11月にかけて20%以上株価が上昇しています。
私も22ドルの時少量買いましたが、IPOの初値くらいまで戻したら売ろうかなと思っています。今は32ドル前後ですね。

あ、もうすぐだ。

スポンサーリンク