確定拠出年金(企業型)を真剣に考えてみる

こんにちは。米国株女子部のみやかなです。

1ヶ月、いや1週間に1回どうしても食べたくなるものがあります。それが「ゆきだるま」さんのジンギスカンです。

ほんとうまいっ!


美味しすぎます。ハッピーターンのように、何かしらの人を狂おすスパイスが入っているのではないかと思うくらい、病みつきになります。「アイスランドシープ」という羊さんを使っているようなのですが、ジューシーなのに癖がない!!

バッチリ胃もたれはします! はい。

明日はその「ゆきだるまでジンギスカン」なので楽しみで仕方がありません。ちなみにオーナーさんは元力士の方らしいのでチャンスがあれば日馬富士問題を語ってみたいと思います。


スポンサーリンク


確定拠出年金(企業型)を真剣に考える

私の会社では確定拠出年金(DC)を行なっています。米国株に投資を考えるまでは正直「どれも変わらないっしょ!」(もちろん1日券っしょ!と同じノリ)と思っていましたが、最近は真剣に考えるようになりました。

これも米国株様のおかげでございます。

さて私のポートフォリオはいたってシンプルです。

確定拠出年金


会社で積み立ててもらっている金額は14,667円です。私の会社の確定拠出年金は「みずほ銀行系」の投資信託ばかりなのですが、魅力的な商品は少なかったです。

唯一Aの「みずほ信託外国株式インデックス」が信託手数料0.27%で「MSCI KOKUSAI インデックス」をベンチマークとしています。

「MSCI KOKUSAI インデックス」はMSCI(モルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル)社が定義する先進国23か国から日本を除く22か国で構成されています。私が気に入ったのはこの国別構成比率になります。

国別


おおっ!!「米国株式比率が高い!
まさに米国株女子部にぴったりな商品です。10年でのリターンは5.7%、20年ともなれば6.2%にもなります。構成企業の上位は今をときめくFAANGが入っていますね。Netfrix除く…

構成企業上位


MSCI KOKUSAI インデックスには「日本株」は含まれていないので、ポートフォリオの10%をDIAM国内株式インデックスに割り当てました。

うちの会社の確定拠出年金は投資商材が少なかったため、このような結果となりましたが、そもそも掛け金を毎月会社が負担してくれて、かつ自分に運用を任せてくれるって素晴らしいですよね。屋上にある謎の乗り物にお母さんがお金を入れてくれるような優しさを感じます。

謎の乗り物


ちなみに「マッチング拠出」も考えておりますが、追加投資の設定ができるのが6月から7月と限られているので、来年に考えることにしました。「マッチング拠出」とは従来は会社のみが負担していた確定拠出年金の掛金について、従業員自身も追加入金ができるようになるものです。

確定拠出年金(DC)に加入している方はぜひ1回見直ししてみることをオススメします。せっかくの投資チャンスですし、選択肢が少ないので初心者でも見直ししやすいです。間違っても定期預金100%なんかにしないでくださいね。

明日はジンギスカンを胃で満たしたい.. 。あ、逆。ポチッと頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



スポンサーリンク