楽天VYMと本場VYM 皆さんはどっちを選ぶ?

2018年1月17日

サボりボリボリの米国株女子部みやかなです。

一言。

ドルが安い…

ドル転したい… ドル転したい…. ドル転したい…..

ドル転…ドル転…ドル転…ド…


という魅惑に取り憑かれております。でもまだ下がるかもしれない….。そしてこの間ドル転したばかり….

こう、なんでしょうね、ドル安になれば米国株を中心とする私の資産は減るはずなのに、そんなことあまり心配していない自分がいます。

それよりも 円をドルに変えていざっていう時のプールをためておきたいという気持ちにかられます。そもそも為替は変動するものですし、歴史的に見ても円安・円高を繰り返えすことがわかっているので「ま、大丈夫っしょ!」とドーンと構えていられます。

米国株を始めるまでは、為替も米国株も「怖い」と感じていました。株の値動きだけじゃなくて為替も加味しないといけないじゃん!と。でもいざはじめてみたら、日本株よりもよっぽどボラティリティが低いし、普通に配当まで貰えちゃう。

あと私は素直♪(多分)なので、順張りが好きなのです。上がっていく株価に便乗していくほうが私には合っています。

日本株をやっていた時は、逆張りがメインで売り買いも頻繁にしていたし、就業中も株価が気になったりしていましたねぇ。。今思えばスーパー不良社員。

米国株は夜11:30から市場が始まりますし、就業中はマーケットもおやすみしていますので、気になる要素がないですね。そして今のところ米国株はボラティリティが低いので夜中起きることもなく、ぐっすり眠れています。

まぁ、いつぞやか来る株価暴落に向けてメンタルを鍛える!市場から撤退しない!ことがこれからの目標ですかね。そのためにコミュニティの方々と情報交換しつつ、ブログが継続できればいいなぁと思っています。(サボるくせに)

ではメンタルを鍛えるためには何をするか

道を曲がったらインドネシアのゆるキャラに出会ってしまうことを考えてみよう。心が鍛えられるはず。

目が離せない恐ろしさ…


アップはこちら

挨拶できる自信がない….


スポンサーリンク


NISAの枠をどうするか、決めかねています。追加するのはVYMのETFなのですが、楽天米国高配当株式(VYM)で積み立て買いするか、米国市場で本場ETFのVYMを購入するか。

もちろん両者の手数料でみれば本場VYMに軍配が上がりますが、ただ楽天は積み立てができるというのが素敵。分配金を自動的に再投資することで、税制面でもお得。複利の効果で自動雪だるま式に資産を増やすことができちゃう💓

もう楽天VYMでいいジャーンと思ってた矢先、ふとSBIの取引履歴の入金明細をチェックしたところ

分配金が入ってるーーー!!

イエーイ


これは何とも言えない嬉しさがあります。一気に押し寄せるお得感。

ということで感覚のみで生きているみやかなは、ドル安を利用して本場VYMをNISA枠で買い付ける事にしましたとさ。

チャンチャーン♪

最近ソーシャルレンディングにも興味が…。ポッチッとしてくれると嬉しいです。にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



スポンサーリンク


ETF

Posted by みやかな