リストラは銀行に限ったことではない 自分を守るために準備しておきたいこと

こんにちは。米国株女子部のみやかなです。久々の連続投稿でございます。

さて、銀行員のリストラが話題になっていますね。これから様々なことが機械で自動化されていく中で、真っ先に影響を受けている業界なのでしょう。

マイナス金利によって利ざやが縮小し、アパートローンで稼ごうと思えば金融庁から貸しすぎと怒られ、稼ぎ頭の金融商品はNISAからつまはじきになり….

加えて銀行員のお給料は高いもんだから、もはや人員整理をせざるをえず、みずほ銀行は4分の1の従業員を削減するそうです。3大メガバンク全体で3万2500人のリストラ… 規模が違いすぎる。。

こうなれば若くて仕事のできる方々から先に去っていくはず。事実今、銀行員の転職希望者が3割り増しなんだそうです。50代・60代はどうなるのでしょう…。

昔であれば「銀行」=「安泰」 就職すれば親戚含めみんなでパーリー!なーんて考えられていたのに、今やAIに取って代わられる職業ナンバーワン…。

時代は変わりました。


スポンサーリンク


とはいえ、IT業界だって同じことが必ず起きてくると思っています。

今はまだ過渡期なので仕事もたくさんありますが、昔の私のような「Ciscoの機器でネットワーク構築してきましたぁ♪テヘペロ〜」だけの古エンジニアは確実にいらなくなっていくのでしょうね。

どんな業界であれ、これからくるであろうリストラの波に怯えないためにも、メンタルは重要です。

ではメンタルを鍛えるためには何をするか

会議室を開けたらオブザーバーにウクライナのゆるキャラが座っているシチュエーションを想像しましょう。

こちらも目が離せない恐怖…


引きで見るとさらに怖い

あ、足…


そう言えばこの間、会社の命である意識高い系の研修「マーケティングと経営戦略」に出た時のこと。各業界の中堅どころがゴロゴロ参加していました。

製造もヘルスケアも鉄道もITも。いろいろな業界の人たちが口を揃えて言う言葉。

「上から、何か考えろと言われて困っています…」

そー!!! これー!!! わかるわぁ〜!! うちも同じぃ

数千万もらっている上層部が5年・10年後の経営戦略を示す事なく、とりあえず多少頭の柔らかそうな中堅どころに「なんか、新しい事考えて」と無茶を言ってくる感じ。

ザ・日本 

ザ・日本 よ〜ぉっ


おっと、ちょっとサラリーマンぽい愚痴が出ましたね。

これからは10年ごとに会社のみならず職業自体を変えていくような生き方が求められるでしょうし、同じ会社で茹でガエルなんて時代も終わっていくんでしょう。

列をなす茹でガエル


これから職業を選ぶ学生は大変ですね。もはやギャンブル!

残念だけど、やはり会社にどっぷり依存するような時代は終わりを告げてるんだと思います。これからの時代自分を守るために

・株式を始めて資本家になるも良し
・自分の趣味や興味のある分野で独自のコミュニティを広げるも良し
・副業するも良し

変化をキャッチして「何かを始めた人」と「何もしなかった人」で10年後格差が広がっていく気がしますね。

持株会は社畜への道…。ポッチッとしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



スポンサーリンク