リーダーでなくたっていい話

米国株女子部みやかなです。

この間リーダシップ研修がございまして、その中で日頃上司が私の仕事ぶりをどう思っているか?というコメントがありました。人事め、勝手に上司にアンケートを取っていたようです。

みやかなさんの長所は?という欄で、「上司やライン、他部署に関わらず、臆せず自分の意見をはっきり言えること」という嬉しいコメントがありました。

メガネのフレームを変えてウキウキしていた上司に「カマドウマみたいですね!」と言い放ったのが効いたのかもしれません。

イメージ
その他朝が弱い、事務処理が遅い..など散々悪口も書かれておりましたが、基本ポジティブなので綺麗さっぱり忘れております。
スポンサーリンク


ムーブメントの作り方

リーダシップと言えばデレク・シヴァーズさんのこの動画を思い出します。たった3分間なのでぜひ見てみてください。

タイトルは「how to make a movement」 直訳すと、ムーブメントの作り方ですね。

1人のおバカさんが社会運動(ムーブメント)を起こすまでの物語です。

英語でナッツ(Nuts)をバカと訳します。私が大好きなサーティーワンのナッツ・ツゥー・ユー(ナッツがいっぱい入ったクリーミーなアイス)は、Nuts to you! 訳せば「失せろ!バカ!」という意味ですね。。ん…美味しいんだけどね。

それはさておき、シヴァーズさんは社会をいかに動かすかについて語っています。

最初に立ち上がるリーダーは、ガッツを持って立ち上がりますが、周りからは笑われ相手にされないのです。その彼についていく1人目の人物、これを「ファーストフォロワー(追従者)」と呼びますが、この人が非常に重要な役割を担っていると言います。

ファーストフォロワーは、リーダーにどう従えばいいかを皆に示します。彼は過小評価されがちですが、彼もリーダの一部です。

そしてこのファーストフォロワーが、1人のおバカをリーダに変えるのです。

シヴァーズ氏は、全ての人間がリーダになる必要はないと言います。

何かをしている孤独なおバカを見つけたら、立ち上がって参加し、ファーストフォロワーになる勇気を持つということもひとつの選択肢であると述べています。

ちなみにうちは、家のことや人生設計に関しては私が主導的に動いています。旦那さんは私の事を信じて任せてくれています。

だいぶ前に、私が結構な人数の前でプレゼンをしなければならない事になり、かなり緊張して前日に弱音を吐いたことがあります。

そのとき夫から「みやかなにできなければ、誰にもできないよ」と言われ、ふと気が楽になったことがあります。

私のファーストフォロワーは間違いなく旦那さんなんだろうなと思います。

スポンサーリンク


ブログの世界も同じだった

私がブログを立ち上げて1ヶ月くらい経ちました。最初は「誰か見ているんだろうか…」と思いながら続けてきた素人ブログです。

そんなブログに対して1人、2人と見てくれる人フォロワーが増え、今では1日数百人の方が覗きに来てくれるようになりました。

私にとってのこのプチブームメントは、間違いなくチョコさんをはじめとする有名ブロガーのみなさま、そして偶然記事を見てくれた方々がリツイートやコメントをしていただいた結果です。もう感謝しかないです。ありがとうございます☺️

やっぱり思い切ってブログをはじめて良かったなぁ。

私自身も誰かのファーストフォロワーになれるようになろう!

クリック頂けるとウエーイってなります♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク