Nutanix 株価が10%も上昇した理由

2017年12月3日

トランプ氏大丈夫ですかね。大統領補佐だったマイケル・フリン氏がFBIにロシア大使とのやりとりについて虚偽の証言を認めました。これをきっかけに、大統領選におけるロシアとトランプ氏の繋がりが証明されるとするとトランプピーンチ!!

トランプ アウトぉお!


事が大きくなれば、大統領を下されることも無きにしも非ず。BBCとCNNは揃ってそのニュースばかりです。経済政策に力を入れているトランプ氏ですから、投資家としては応援しているんですけどね。まあ人柄はアレとして…

大統領としての品格があるか?と聞かれれば完全にNOですが、人間臭くてアメリカ第一主義でわかりやすさとしては抜群ですね。綺麗事は言わず、アメリカのためになることだけを考え実行していく姿は、やすが経営者だなぁと思います。よっ、トランプタワー。

米国株支持者としては大統領を継続してほしいですね。

スポンサーリンク


Nutanixの株価が10%も上昇した理由

さて、そんな不安もあってか序盤荒れていた米国市場。

11月30日に2018年度のQ1結果発表を行ったNutanixだけ株価が10%も上がってますね。つまり結果が良かったということ。レポートを見ていきましょう。

  • 売上高は2.75億ドル 2017のQ1と比較すると46%増
  • 純利益は1.7億ドル 2017のQ1と比較すると38%増
  • 営業キャッシュフローは1000ドル 2017のQ1と比較すると143%増!

総じて結果が良かったようです。

コンセンサス予想に関しても1株当たりの純損失は0.16ドルと大きく改善。予想に対し38.50%の上昇サプライズとなりました。


新興企業ですから、純利益がプラスになるのは先でしょうが、今回市場の予測に対し、大きくジャンプアップしたようです。ただ同業種と比較して借金も多い企業なので気をつける必要があります。


スポンサーリンク


私が注目したのは、別の点です。Nutanixはハードウェアからの脱却をし始めています。そして将来的にはハードにこだわらないソフトウェアOSとしての道を歩むことを示唆しています。

ハードウェアに搭載しているメモリ(DRAM)の価格が製品粗利率にも影響しており、今後ハードウェアから脱却できれば、これらの問題が解消していくでしょう。

ソフトウェアを中心にビジネスを展開する、これが吉と出るかどうか。ハードウェアから脱却すれば自ずと利益率は高くなるでしょう。ライバルはVMWare。従業員も元VMの人が多いようです。

今後も注目していきたいと思います。

クリックして頂ければイエーイってなります♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

謎のベンダーNutanix(ニュータニックス)