米国株式市場が暴落する4つのリスク

こんにちは。米国株女子部みやかなです。年末ですねぇ。早い1年が…早い…

米国株は絶好調ですね。週刊ダイヤモンドでも米国株の記事が掲載されていましたので、そろそろ爆発的に流行っていくのではないかなぁと思っています。

ちなみにその週刊ダイヤモンドで米国株式市場が暴落する4つのリスクについて紹介されていました。

米国株は歴史的に見ても日本株をはるかに上回る利益を出し続けています。1980年から見てみると、日本が3.2倍の伸び率に対し、米国株はなんと25.1倍です。

しかもアメリカは先進国ながら人口が増え続けており、ITを中心とした新興企業が次々とイノベーションを起こしているおかげで、経済成長率もトップクラスです。

S&P500やハイテク株は上がり続け、これから先も米国株は上り調子!?とも思わせますが、もちろんそんなわけにもいかず、いくつかのリスクにより株式市場が暴落するリスクもはらんでいます。

スポンサーリンク


米国株式市場が暴落する4つのリスク

米国株式市場が暴落するかもしれないリスクは以下の4つです。
・学生・車・カードローン
・米低格付け債のスプレッド
・WTI原油先物市場
・中国10年国債利回り

1.学生・車・カードローン

アメリカのローンといえばサブプライムローンを思い出しますね。信用力の低い人向けの住宅ローンは破綻しリーマンショックに繋がりました。今アメリカでは「学生」「車」「カード」ローンが上昇しており、破綻の可能性が出てきているそうです。特に学生ローンに関してはここ数年大きく伸びています。

学生ローンが大きく伸びている

日本の学生も奨学金で悩まされていますもんね。社会人になった途端に数百万円の借金を背負うなんて…。私の友人も10年くらいかけて返済していました。早いところ教育費をどうにかしてもらいたいものです。

ちなみにアメリカの金利が上がればこれらのローンに苦しんでいる人たちが破綻する可能性が出てきますが、その影響はリーマンショックほど大きくはなく限定的でしょう

2.・米低格付け債のスプレッド

2つ目のリスクは信用力のあまりない企業が発行す低格付け債です。高リスクですがリターンも大きく「投資家心理を敏感に反映する」存在で、10月末に急上昇していることから相場に変化が出るのではないかと言われています。

3.WTI原油先物市場

原油相場の動向ですね。サウジアラビアでは11人の王族がこぞって逮捕され内政が混乱しています。今後原油の供給不足の不安が広がれば原油価格が高騰し、米国株式市場に影響を与える可能性があります。

4.・中国10年国債利回り

中国の景気減速が問題になってきています。チャイナショックの時と同様、中国経済が混乱すればその影響が米国株式市場に反映されますので、市場は一時的に暴落する可能性があります。

この4つのリスクのいずれか、もしくは複数が発生したら米国市場は一時的に暴落する可能性があります。もしアメリカ市場が暴落すれば、もちろん日本の株価もだだ下がりになるでしょう。

ただ歴史的に見ても日本より米国市場の方が立ち直りが早いですし、そもそもアメリカ企業の業績は非常に良いので一時的な暴落局面があったとしても上昇すると信じ、焦らずに対応したいと思いますね。

でも個人的に、暴落している局面でナンピン買いするのって、相当勇気いりますよね。相当ハート強いかドMかのどっちかです(笑)

ただ何かあった時に「すぐ売らなきゃ!」という感覚だけは注意したいと思います。そもそも米国株は長期投資な訳ですしね。

仙道さん素敵…


米国株は長期勝負ですね。ポチッと頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



スポンサーリンク