景気が良くなった実感が湧かない?そんな時は…

こんにちは。米国株女子みやかなです。年明け2日仕事して3日のお休み。ちょうどいいですねぇ。

年始の番組で安倍首相がバラエティに出ていました。

安倍ちゃん


安倍首相、色々言う人もいますが私は結構好きな政治家です。まぁ、何かしらの投資をしている人であれば安倍首相を真っ向から否定する人も少ないと思います。

素直に「頭のいい人」なんだなぁと思います。バラエティに出るときには難しい話抜きに、トランプ大統領とのちょっとしたエピソードで笑いを取り、最後にはきちんと今後のプランを政治家らしく国民に語りかける。バランス感覚が素晴らしいですね。

転んじゃう安倍ちゃん


憲法9条とか働き方改革については少し疑問を思うことはあっても、金融・財政政策に関しては歴代の総理を見てもピカイチだと思います(増税は嫌いだけど…)特に大胆な金融緩和がデフレから日本を救いました。

やはり「アベノミクス」が市場に与えた影響は大きく、デフレからの脱却も安倍首相の手腕あっての結果なのかなぁと考えます。日経平均も高値を更新し、これから日本株が上がる気配がプンプンしていますよね。

スポンサーリンク


さてさて、最近テレビで「景気が良くなったという実感が湧かない」という街頭インタビューを見ました。確かに景気が良くなったなぁって思う時はわかりやすく言うと「自分の会社の給与が上がった時」なのでしょう。

でも結局経済って回っているものなので、そもそも企業の業績が上がらなければ給与も上がるはずはない。特に日本企業は内部留保も大きく、長年のデフレ体質から株主や従業員への還元率が悪いことはよく言われることですね。

ただ安倍政権はすでに「賃金を3パーセント上げるよう経団連に申し出ている」ようですから、あと数年したら会社の給与も上がっていくのだろうと想定できます。

ちなみに「経団連」とは「日本経済団体連合会」の略称で、2002年に「経済団体連合会」と「日本経営者団体連盟」が統合されてできた総合経済団体です。構成会員は日本を代表する企業や団体で、その数は1,600以上。経団連は日本経済の自律的な発展のため、企業・個人・地域の力を引き出すことを役割としています。つまり、日本経済を元気にするための団体であり、日本経済の根底を支える存在でもあるのです。

「いや、給与が上がるまで3年も待てないよ…今すぐ景気の良さを実感したい!」と言うそこのあなた!

その恩恵を受けるには「株への投資」が一番です!!

株価は様々な要素で上下しますが、特に景気に関しては半年先の未来を先取りしていると言われています。

つまり投資をしていれば、これから景気が上がるんだろうなぁといち早く感じることができるし、好景気の恩恵を授受することができます。

スポンサーリンク


私は日本株には投資していませんが、いきなり米国株に抵抗があるのであれば日本株でも良いと思います。結局投資は「はじめたもの勝ち」なのですよ。

給与が少なくても月に数万円でもまず投資してみる。そうすると世の中の流れを知りたくなり、色々と勉強するようになります。

私はたまたま米国株に出会い、興味を持って色々な情報を収集し理解しようとしました。昔はFRBってなに? インフレ目標? 金融政策??? なーんて感じで経済について全く興味もなかったですが、投資を始めてから良くも悪くもものすごく「知識欲」が増えてきたと感じます。

私が投資を進めるのは、お金だけではありません。投資を始めれば自然と政治や経済に興味を持つようになるんです。そうすると自然に勉強するようになって生きてく上で本当に使える「知識」が身につきます。

この知識は時として人生の危機を救ってくれます

だから「景気の実感が湧かない人」はぜひ投資を始めてみてください。お金が増えることはもちろん生きてく上での知識も広がりますから。

そうそう見る番組も変わりますよ。前はHULUでアメリカのドラマばかり見ていましたが、今は経済や政治番組ばかりです。最近はリーマンブラザーズの破綻ドキュメンタリーを見てました。

外資系日本企業の怖さを感じます。そしてバンク・オブ・アメリカを「バンカメ♪」って言いたくなります。

これを見て来たる米国株の下落に備えます(笑)60分番組

え?たまには真面目な事も書くんだね。ポチッとしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



スポンサーリンク


投資

Posted by みやかな